喫煙、副流煙の影響を知って禁煙に踏み切りませんか?脱たばこ、脱ニコチン生活!! 禁煙 今日から禁煙
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコチン依存度チェック

禁煙をする前に、まず自分がニコチン依存かどうか、ニコチン依存ならどの程度なのかを知ることが大切です。
ニコチン依存度をチェックしてみてください。

1.一日に何本ぐらいタバコをすいますか?
 10本以下(0点)、11~20本(1点)、21~30本(2点)、31本以上(3点)

2.朝起きて何分ぐらいでタバコが吸いたくなりますか?
 1時間以降(0点)、1時間以内(1点)、30分以内(2点)、5分以内(3点)

3.午前中にタバコの本数が多いですか?
 いいえ(0点)、はい(1点)

4.病気で一日寝ているときにもタバコを吸いましたか?
 いいえ(0点)、はい(1点)


5.駅や病院などタバコが吸えない場所でも我慢するのは辛いですか?
 いいえ(0点)、はい(1点)

6.一番やめたくないのは朝のタバコですか?
 いいえ(0点)、はい(1点)


あてはまる答えの()内の点数を合計して下さい。
結果は以下の通りです。

8点以上の人・・・かなり強いニコチン依存
5~7点の人・・・中程度。一番禁煙に成功しにくいのがこの人たちです。
4点以下の人・・・ニコチン依存は弱く、習慣からくる喫煙が主な原因です。
        あっさり禁煙できますが際喫煙も多いタイプです。


にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ
スポンサーサイト

何故禁煙できないのでしょうか

何度もチャレンジしても途中で禁煙失敗。
今度こそって本気で取り組むのに何故禁煙できないのでしょうか?

やる気がないからだとか意志が弱いからだとか周りの人はいろいろ言うものですが、禁煙したいのにできないのは決して意志が弱いからというだけの理由ではないのです。
そこには強い意志だけではどうしようもない理由が存在するのです。
その原因とはニコチンに依存してしまっていること。
「タバコ依存症」になってしまっているのが原因です。
タバコ依存症には「ニコチン依存症」と「心理的要因」の二つの要素があります。

【ニコチン依存症】
ニコチンは麻薬やアルコールと同じで、非常に強固な依存症状を引き起こす物質です。
ニコチンは脳に入って、興奮したりリラックスしたりという神経伝達物質と同じ働きをします。
定期的にニコチンが脳に入ると、脳の神経伝達物質が働かなくなり、かわりにニコチンを求めるようになるのです。
これがニコチン依存症です。

【心理的要因】
一つは習慣になってしまっている場合。
喫煙動作を繰り返すことで、喫煙が強固な習慣になってしまいます。吸わないと口寂しかったり手持ち無沙汰n感じてしまいます。
もう一つは条件反射です。
気分転換ができたなどの喫煙の効果の体験があるため、困難や疲れたときなどに、条件反射的に吸ってしまうのです。


ニコチンは吸収されてから30分後には血液中の濃度が約半分になります。
すると依存症の人はまた喫煙したくなってしまいます。
セロトニントランスポーターという遺伝子を多くもっている人は、そうでない人より喫煙による快楽度が高く、禁煙しにくいのではないかという説が出てきました。
でも、セロトニントランスポーターを持っている人でも、禁煙は「ニコチン依存」と「心理的依存」に効果的に対処すれば誰でも達成できるものです。


にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ

ニコチン代替法とは

ニコチン代替法とは、ニコチンを外部から補給して、禁煙によるニコチンの禁断症状(ニコチン離脱症状)を防ぐという方法です。
禁断症状をおこさないぎりぎりのニコチンを補給するので、タバコを吸いたいと思わなくなります。
このニコチン代替法をある期間続けることによりニコチン依存も減退していきます。
ニコチン代替法には二種類の方法があります。

【ニコチンパッチ】
口の中にトラブルがあったり、社会的にニコチンガムが使用できない人や、一日中効果を持続したい人向け。
医師の処方箋が必要です。
直径が3~5センチの湿布薬で、皮膚から少しずつニコチンが吸収されていきます。
標準使用例としては以下のようになります。

大:4週間 毎日1枚
中:2週間
小:2週間

【ニコチンガム】
喫煙欲求の場面がそうてきる人、肌にトラブルを起こしやすく、ニコチンパッチが使用できない人。即効性の効き目が必要な人向け。
2001年より薬局で購入できるようになりました。
ガムと同じように口に入れているときは効果が持続し、取り出すと効果がなくなります。
自分で使用量を調節することができます。


ニコチン代替法を用いるとき、有害物質であるニコチンをわざと体内に入れて大丈夫なの?という疑問がわきます。
ニコチンパッチやニコチンガムで体内に入るニコチン量は少量で、ほとんどの人には安全な量です。
しかも一度に大量nは要る喫煙の場合と違い、ニコチン濃度を一定の範囲に保つので依存症状が緩和されます。
またタバコにはニコチンのほかに有害物質がたくさん入っているのに比べ、ニコチンパッチやガムにはニコチン以外の有害物質は入っていません。

ニコチン代替法を用いる場合の注意点をあげておきます。

1.ニコチンパッチやニコチンガムを使用し始めたら喫煙は絶対にしてはいけません。ニコチンの吸収量が増えてしまうからです。

2.口腔内や皮膚にかぐれや炎症のある人は使ってはいけません。

3.持病が悪化する恐れのある人も使わないようにしましょう。
 極端な高血圧や妊婦などは必ず医師と相談しなければなりません。


にほんブログ村 健康ブログ 禁煙・タバコへ
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
喫煙、副流煙の影響を知って禁煙に踏み切りませんか?脱たばこ、脱ニコチン生活!!